「SEO対策をして、無料で集客をしてくれ!」

WEB担当者の方なら上司から、こんな依頼を受けたことないでしょうか?

Googleだけでも年間2兆回(2016年時点)の検索が行われているほど、大半のユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを毎日のように使っています。もちろん、自社ホームページでも検索結果からの流入が大半を占めてきますので、検索結果で上位表示することは、集客力が向上し、最終的にはコンバージョン(売上・成約)に結びつく非常に大切な施策の一つです。

しかし、いざ「SEO対策」と検索しても、ホームページやブログによって、言っていることもやっていることも様々で、何が正解なのか、何から始めたらいいのか迷われている方も多いのではないでしょうか?

HIGH Fiveでは、実店舗運営を通したノウハウを蓄積していますが、ここでは一般的なSEO対策の考えをご紹介致します。

SEO対策とは?

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化とも呼ばれます。GoogleやYahoo!を代表する検索エンジンの検索結果で自社ホームページを上位表示させ、より多くお客様に見てもらうための対策です。

SEO対策は大きく2つに分類すると、検索エンジンのロボットにとってページの内容を正しく理解させるために技術的な最適化をする内部施策、被リンクを集める外部施策があります。特に「内部施策」については、様々なホームページやブログで解説されていますが、近年過度なSEO対策は逆効果で、「お客様にとって良質なコンテンツを分かりやすく掲載する」ということが重要視されています。

SEO対策のメリット

  • 無料で施策できることも多く、コストを抑えられる
  • 広告の様に終わりがないため、中長期的に集客が行える
  • お客様のニーズに合わせるので、集客・成果に結びつきやすい
  • ブランディング効果が高まる

SEO対策のデメリット

  • 効果が現れるため数ヶ月かかり、即効性がない
  • ページ毎にテーマを分ける必要があり、人的コストがかかる
  • 対策するキーワードによって難易度が高い場合がある
  • 検索エンジンのアルゴリズム変更によって順位が変動する

Googleが考えるSEO対策

2020年現在、日本国内の検索エンジンシェアはPCがGoogle 76% / Yahoo! 15% / Bing 8% 、スマホがGoogle 75% / Yahoo! 24%となっていますが、2011年からYahoo!もGoogleの検索システムを採用しているため、実質検索のほとんどがGoogleであることがわかります。(引用元: Mobile Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats

SEO対策の上で最重要と言えるのはGoogleであり、SEO対策=Google対策とも言えます。Googleで上位表示をするためには、「お客様にとって価値のあるページ」とGoogle自身が明言しているので、3つの評価基準を見ていきましょう。

Googleが最重要視する3つの評価基準 E-A-T

Googleの検索品質評価ガイドラインでは「E-A-T」の重要性が記載されており、ページ制作をする上で、「専門性(Expertise)」「権威性(Authoritativeness)「信頼性(Trustworthiness)」の3要素を取り入れることでGoogleからの評価が高まります。(引用元:Google検索品質評価ガイドライン

逆に、数年前まで一番効果があるとされていたキーワードひたすら詰め込む様なSEO対策は逆効果となります。

専門性(Expertise)とは?

専門性とは、ホームページやブログにおいてテーマが統一されており、十分な専門知識があること。抱える問題を解決できる・新しい情報を得られるなど、お客様が価値を得られるコンテンツであること。2017年のアップデートで、YMYL(Your Money or Your Life)、お客様の健康や財産に深刻な影響を与えるコンテンツにおいては、より厳しいE-A-Tが求められるようになりました。

権威性(Authoritativeness)とは?

権威性は、信頼できる第三者から評価されているコンテンツは、お客様にとって価値が高いコンテンツと評価されます。SEO対策を目的とした相互リンク(リンクファーム)は、有料無料問わず悪影響を及ぼす恐れがあり、最悪は検索結果から除外されるという厳しいペナルティを受ける可能性があります。

信頼性(Trustworthiness)とは?

信頼性は、コピーや模倣されたコンテンツではなく、専門分野の認知や信頼性が得られているオリジナル性が高いコンテンツであることです。よくある失敗例としては、全国的に販売されている商品の販売ページ制作や紹介記事を書く際に、メーカーから提供された文章をそのままコピペしてしまいオリジナリティを損なってしまう場合があります。

結局、具体的なSEO対策って?

「これをしたら絶対にSEO対策に効果がある」という明確な答えは正直ありません。
それはGoogleの検索順位の決定要因が一説には260項目以上あり、それが毎月変化していっていること、そしてその一つずつの積み重ねであるからです。

しかし、確実に言えることは以下の5つが重要ということです。

  • お客様のニーズを満たすコンテンツであること
  • 専門性、権威性、信頼性が高いコンテンツであること
  • 表示スピードが早いこと
  • リンクされたり、言及されたりする人気コンテンツであること
  • お客様によって検索意図が異なる

一朝一夕で、達成できるSEO対策はありません。
私たちが一緒になって、お客様の目的を紐解き、お客様ファーストなコンテンツ作りをしていきましょう。

私たちと一緒に
ビジネスを成功に導きましょう

ビジネスについて、詳しくお話しをお聞かせください。
無駄のない、最適なプランをワンストップでお届けいたします。

    プライバシーポリシーをご一読のうえ、送信ください。